メッセージ

センター長のあいさつGreeting from Director

センター長 松島 久雄の顔写真

センター長松島 久雄

獨協医科大学埼玉医療センター臨床研修センターへようこそ。

当院は埼玉県越谷市に位置し、埼玉県東部地域人口180万人の基幹病院として地域医療の重要な役割を担っております。病床数は一般病床923床、手術室は22室と県内最大規模です。大学病院でありながら、市中病院のような研修が魅力的であり、臨床能力のみならず、医師としての基本的価値観を身に着けることを目的としたプログラムを運用しています。

2018年、2019年のマッチングでは100名を超えるご応募をいただき、全国各地の卒業生を幅広く受け入れています。一般、小児科、産科婦人科に加え、令和2年度より多種多様で豊富な外科症例を経験できる外科系プログラムを開始しました。丁寧な指導、精神面でのサポート、充実したカンファレンス、off the jobトレーニングなど要望に応じてUp to Dateな研修を心がけています。

都心へのアクセスが良く、学会参加や休日のリフレッシュにも適した環境です。獨協医科大学埼玉医療センターで充実した卒後研修を行ってみませんか?

研修医からのメッセージMessages from Residents

平成30年度研修医 濱野 愛の顔写真

どんな初期研修にするかは自分次第、満足できる条件は揃っています。

平成30年度研修医濱野 愛

獨協医科大学埼玉医療センターで研修を開始し6カ月が経ちました。

毎日充実した研修生活を送ることができ、感謝とともに、満足しています。

特に良かった点は、研修医が希望した順番でローテーションを行えるところです。自分がやりたい研修や習得したいことを想い描ければ描けるほど、必ず実現します。

例えば私は内科(消化器・循環器・神経を各1カ月)を研修した後に救命科3カ月を希望しました。今月は放射線科を選択し、以降は外科系(外科・産婦・心外・脳外を各1カ月)と麻酔科2カ月を希望しています。先生方も熱心で、十分なフィードバックと挑戦する機会を最大限に与えてもらえます。

他にも埼玉県東部地域の医療の中核を担っていることや、研修医の半数以上が他大学から集まってくれているところ、3駅2路線が徒歩圏内であることや、広々と快適な研修センターがあることも魅力的だと思います。

強みもあれば弱みもあります。ここでは紹介し尽せません。興味を持っていただけたなら、1度見学にいらしてください。みなさんとお会いできる日を楽しみにしています。

平成30年度研修医 新名 啓の顔写真

大学病院と市中病院の両方の特徴を併せ持った病院です。

平成30年度研修医新名 啓

私が当院の一番の特徴だと思うことは、大学病院と市中病院の両方の特徴があることです。

大学病院の特徴とは最先端の治療をやっていること、豊富な指導医がおり基本をしっかり教えてもらえることです。既に進路が決まっている方は研修医の段階から最先端の治療を勉強することができます。また指導医が豊富で基本をしっかり教えてもらえます。研修医の時に身に着けた基本は、その後数年間の土台となる大事なものです。

市中病院の特徴とは、救急外来でcommon diseaseを経験できることです。月に2回の救急外来当直ではウォークインから救急搬送まで幅広い患者を経験することができます。また、common diseaseは日常の入院患者管理でも経験することができます。

研修プログラムも柔軟に組めるので、「こういう研修がしたい」という希望がある方は、ぜひ一度見学にきて自分の希望している研修ができるかどうか確かめてみてください。

平成30年度研修医 多田 和弘の顔写真

ローテーションする科の選択の自由度が高い病院です。

平成30年度研修医多田 和弘

獨協医科大学埼玉医療センターを研修病院として選んだ理由は、大学病院と市中病院の側面を持っていることや、ローテーションする科の選択の自由度が高いことです。

最先端の医療をしていながら、Common diseaseを多く経験できるので、大学病院の欠点を補っています。また、私は希望の科が決まっていませんが、獨協医科大学埼玉医療センターにはほとんどの科があり、選択の自由度が高いところが良いと考えました。

獨協医科大学埼玉医療センターは、現在日本の人口が減ってきている中で、病床数を増やし、研修医の数も増やして盛り上がっている病院です。研修医も1年目の研修医だけで40人と大人数で切磋琢磨して内容の濃い研修を行っています。

ぜひ見学に来てください。一緒に充実した研修生活を送りましょう。

平成31年度研修医 鹿島田 舜也の顔写真

柔軟性のある研修プログラムが魅力で充実した2年間を過ごせます。

平成31年度研修医鹿島田 舜也

私が当院で研修する中で特に良いと思えることは、一人ひとりの希望に合わせた診療科選択が出来ることです。当院のほぼ全ての診療科を希望履修科目として選択できるため、将来なりたい診療科に絞って研修する方もいれば、幅広く診療科を選択して、なりたい診療科を見つけながら研修する方もいます。また、選択した希望履修科目の変更も可能なので、まだよく分からない方も安心して研修することが出来ます。

どの診療科の先生も熱心で、基本から最先端の治療まで幅広い経験をすることができると思います。他にも書き切れないほど良いところがいっぱいあるので、実際に見学に来てみて下さいね。

平成31年度研修医 相馬 佑樹の顔写真

より多くの経験を積むことができ、成長できる環境が整っています。

平成31年度研修医相馬 佑樹

当院の一番の特徴は、日常診療で頻繁に遭遇するCommon diseaseを多く経験できることに加え、高度医療機関でないと診療する機会が少ないRare diseaseまで経験することができることだと思います。将来、何科に進もうともこのような経験は必ず活きてくるため非常に重要であり貴重なものとなるに違いありません。

さらに当院での研修では、どの診療科で研修しても上級医の先生方は熱心に指導してくださり、1年目から様々な手技を実践することが出来ます。自分自身のやる気次第では、研修医ではなかなか経験できない手技の機会を与えてもらえ、さらなる成長につながります。

研修医同期は多く、お互いに切磋琢磨しながら仲良く楽しく研修しています。ぜひ、一度見学にきて、研修の雰囲気を感じてみてください。そしてぜひ一緒に働きましょう。