HOME
医局紹介
外来・病棟のご案内
研究室紹介
病診連携について
入局案内
入局案内
医局紹介

TAVI

“TAVI”とはTranscatheter Aortic Valve Implantationを略したもので、日本では”経カテーテル大動脈弁置換術”と呼ばれ大動脈弁狭窄症に対する新しい治療法の事です。

大動脈弁狭窄症とは、心臓の出口である大動脈弁が動脈硬化等により開きにくくなる病気です。症状としては、失神したり、胸が痛くなったり、息切れ等の心不全症状が認められます。また、この病気は高齢の方に多く認められます。

このような症状が大動脈弁狭窄症によって起きている場合は、手術により大動脈弁を交換しないと症状が改善しないばかりか予後がとても悪いのです。

しかし、今までは胸を開いて弁を交換する開胸手術の他に有効な治療方法はありませんでしたので、高齢の方などでリスクが高く開胸手術が困難である方にはなすすべがなく経過を見る他になかったのが現状でした。

しかし、開胸手術が困難とされる方にも、カテーテルを使用し新しい弁を留置してくる治療が2002年フランスで考案され、日本でも2013年より治療可能となりました。この新しい治療法がTAVIです。

具体的には太ももの付け根の血管からカテーテルを挿入する方法(経大腿動脈アプローチ)と、太ももの付け根の血管が細くてカテーテルが挿入できない方には肋骨の間を小さく切開し心臓の先端からカテーテルを挿入する方法(経心尖部アプローチ)の2通りがあります。ともに内科、外科の医師が最適な方法を選択し治療いたします。

当院でも大動脈弁狭窄症でお困りの方に、より多くの力になれるようにと、栃木県では他院に先んじて治療ができる施設となりました。

この様な症状でお困りの患者様や、開胸手術が困難と思われる大動脈弁狭窄症の患者様をご加療いただいている先生には当科をご紹介いただけましたら、私どもで責任もって対応させていただきますので、お気軽にご相談いただけましたら幸いです。

ページトップ