統計

 外来,病棟患者数とも増加の一方を辿っております.在院日数がさらに短縮され回転が速くなったことにより,2018年の年間あたりの入院患者数は1,207名で,脳神経内科としては日本,いや世界最大級であると思います.高度な専門的医療をできるだけ多くの神経疾患患者さんに施すことは,われわれの重要な責務でありますが,診療内容のところで説明するとおり,患者様の種類が多岐にわたることから,合併症の治療などについても多くの経験と実績を残しています.

入院患者数の推移

 2018年1月-12月の総入院数は併診を含まず1,207名で月約100名以上の患者様が入院しています.その内訳は別表に示します。

外来患者数の推移

 2018年1月-12月の総外来患者数33,093名で,3万3000人を突破しました.新患患者数も1,860名と増加しております.
【2018年1月1日より12月31日までの1年間】


神経内科疾患の統計

初診外来患者数

1860人/年

再診外来患者数

33093人/年

入院ベッド数

55床

延べ入院患者数

1207人/年

平均在院日数

15.8日

神経疾患剖検数

1例/年

入院患者の内訳

脳梗塞・TIA                       

404人

脳出血・その他の血管障害

107人

感染症・炎症性疾患

81人

中枢性脱髄疾患

23人

免疫性末梢神経疾患

26人

免疫性筋疾患

21人

末梢神経疾患

8人

筋疾患

14人

変性疾患

152人

認知症疾患

9人

発作性・機能性疾患

143人

自律神経疾患

3人

脊椎・脊髄疾患

16人

腫瘍性疾患

18人

代謝性疾患

24人

Medical neurology・その他

158人

脳神経内科で行った臨床検査実施件数

CT

約3600件

MRI,MRA

約3400件

PET, SPECT

約800件

脳血管撮影

約30件

頭頚部血管超音波検査

約2000件

脳波

約1300件

神経伝導検査

約500件

針筋電図

約200件

誘発筋電図(SEP,VEP,ABR,MEP)

約350件

筋生検

8件

神経生検

0件

医療介護・福祉・在宅医療

指定難病 臨床調査個人票

4,028件

介護保険 主治医意見書

2,149件

身体障害者手帳 診断書・意見書

752件

在宅医療に関する指導・意見書(訪問看護、在宅呼吸管理、IVH等)

1,229件

他の医療機関との診療連携

3,110件

Copyright©2019 Department of Neurology, Dokkyo Medical University All rights reserved.